日刊のむら日記 第52号 島根旅行1日目

2017年10月13日(金)

合同研修会参加の為、13日(金)から1泊2日で島根へ行ってきました。当日は朝から雨模様の東京で寒いくらいでしたね。

7:25発の飛行機に乗るので念の為6:30前には羽田空港に到着し、まずは朝ごはんを頂く事にしました。相性抜群です(笑)

※今回の日刊のむら日記は写真が多いですので、一緒に研修会に参加したつもりでご覧ください。

 

 

JAL

これが私たちが乗る飛行機です。

 

 

約1時間30分で到着

出雲縁結び空港

 

 

空港からはバスに乗り、まず向かったのがコチラ

足立美術館

※130点におよぶ横山大観の作品と、広大な日本庭園で有名です。専属の庭師や美術スタッフが、毎日手入れや掃除を行っていて『庭園もまた一幅の絵画である』という言葉通り、美しい庭園は国内はもとより海外でも評価が高い。アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデン』が行っている日本庭園ランキングでは2003年から2015年まで13年連続で庭園日本一に選出されました。

日本一な庭園をご覧ください!

 

 

足立美術館の次に向かったのは昼食場所である羽根屋伝承館内にある羽根屋さんです。

 

 

献上そば 羽根屋

 

 

とりあえず・・・

暑かったからビールが凄い美味しかったです!

 

 

割子そば

※薬味は主にねぎ、のり、もみじおろし、かつおぶしなど。そばにお好みで薬味をのせ、徳利に入った「そばつゆ」を上からさっと回しかけ、そばとなじませていただきます。一段目(すいません今回は1段目の写真しかありませんが、ちゃんと3段ありましたので)を食べ終わったら、器に残ったそばつゆを二段目の器に移し、さらにそばつゆと薬味を足していただきます。その繰り返しで、最後までお楽しみください。もちろんそば湯もお忘れなく。こちらもお好みでつゆを入れてお召し上がりください。

 

 

昼食後に向かったのがコチラ

稲佐の浜

※この浜は国譲りの時、その交渉のため高天原より建御雷神が降り立たれてその舞台となった場所です。神縁深いこの浜では旧暦10月10日なると全国の神々が出雲の国へお越しになる時はお集まりになり、その神々をお迎えする神迎神事が10日夜7時に斎行されます。

 

 

続いて、稲佐の浜から歩いて向かったのがコチラ

出雲大社(いずもおおやしろ)

二礼四拍手一礼

 

 

出雲大社御本殿

 

 

出雲駅伝スタート地点

 

 

出雲大社から歩いて約10分で到着したのがコチラ

一畑電車

出雲大社前駅

※映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の舞台となったのがこの一畑電車。ここから宿のあるしんじ湖温泉駅まで約1時間。

 

 

16:18発

しんじ湖温泉駅を目指します

車内ではもちろん・・・(笑)

 

 

すいてんかく到着

この後からの写真は一切ありません。宴会、二次会、三次会・・・(笑)無事に研修1日目が終了となりました。

 

 

【みなさまの評価】
12345 (7 投票, 評価平均値: 3.86
)
Loading...
5段階の簡単評価!最近のむさんが「のむら日記の★が少ないよ・・・」って嘆いていますので、みなさまよろしくお願いいたします^^でもつまらない場合は正直に★1つで!