私たちの理念

A rolling stone gathers no moss.
(転石苔を生ぜず)

私たち日本新聞印刷は、東京の港区芝浦にある、とても小さな印刷会社です。しかし、そこには長年の経験と、日々の努力による確かな技術が存在します。

私たちは私たちの技術力を基に、みなさまの持っているたくさんの伝えたい想いをカタチにしたい、そして社会に貢献したいと考えております。創業65年。日本新聞印刷は新聞印刷を軸に、お客様のどのようなニーズにも対応できる印刷会社として、これからも転がり続けていきます。

 moss-stone

各部のご紹介

日本新聞印刷株式会社は、本社が港区芝浦にある、小さな印刷工場です。社長を含めて総勢16名。少数精鋭で印刷業を営んでおります。

印刷部

社屋1階は印刷部の主戦場。弊社の印刷部社員は、早番(12:00~20:00)、遅番(18:00~26:00)の2交代制で勤務しています。印刷部の職人たちが毎日汗をかき、顔を黒くしながら、SSC新聞輪転機で主に新聞を印刷しています。

新聞輪転機同様、職人の技にもかなり年季が入っています。アナログな部分もありますが、それをカバーする熟練の技は秀逸です。職人たちが手を加えることで、最新機械に負けない、どこか懐かしく温かみのある新聞をつくりあげてくれます。弊社印刷部の技術を是非お試しください。

印刷部


制作部

社屋3階に拠点を置く制作部。弊社の制作部社員は、早番(9:30~17:30)、遅番(11:00~19:00)の2交代制で勤務しています。制作部は弊社の誇るクリエーター集団。新聞の制作はもちろんのこと、チラシや冊子のデザイン、最新鋭のオンデマンド印刷機のオペレーションも全て制作部で行います。

著しいIT技術の進化に対応し、日本新聞制作部の技術力も日々進化し続けています。新聞印刷以外でお困りの方は是非ご相談ください。

制作部


営業部、総務部

社屋4階には営業部と総務部があります。営業部は皆さんご存知(?)野村部長のもと、日本新聞印刷の顔として、日々お客様のもとへ出向いています。

電話やメールもありますが、まずはお客様と直接会って話しをする事で、信頼関係を築き上げることが、日本新聞印刷の営業スタイルです。営業部は、“常に明るく元気よく”営業活動に取り組んでいます。

nomura

スタッフのご紹介

稲垣社長

代表取締役社長 稲垣 亘

【日本新聞印刷のレジェンド】
本当に優しく紳士的で、社員からは仏様のように崇められている。好きな言葉は「心」。


野村部長

営業部部長 野村 尚弘

【日本新聞印刷の進撃の巨人】
通称のむさん。デリカとサザンと相撲とキャンプとマラソンとチューハイが本当に大好き。ライバルは横綱。弊社のフェイスブックはもはや彼の私物といっても過言ではない。好きな言葉は「今日学べ」。


中島部長 

印刷部部長 中島 浩(近所のおっちゃん?)

【日本新聞印刷の印刷の王子】
通称ぴろし。最近社内で勝手にダーツバーを経営し始めた(ダーツと飲み物と食べ物は全て無料)。ライバルは自分自身。52歳で未だ独身(バツイチ)。好きな言葉は「なんか飲みますか?」。


横張部長

印刷部部長 横張 喜一

【日本新聞印刷のジャッキー・チェン】
通称よこちゃん。キャラ設定は家族にやさしいお父さん(奥さんと二人の娘に頭が上がらないだけ)。歩くのが好き。ビールも大好き。でもお小遣いは少ない。好きな言葉は「為せば成る」。


O次長

制作部 O次長

【日本新聞印刷の守護神】
制作部のすべてを取り仕切り、いつも四方八方に目を光らせている。懇切丁寧な仕事ぶりに社内外から定評がある。家では良き2児のパパ。でもタバコはちょっと吸い過ぎ。好きな言葉は「おやすみなさい」。


U係長

制作部 U係長

【日本新聞印刷の傾奇者】
ハイパークリエーター。日本新聞のデザイン系の仕事は全て彼の手によるもの。甥っ子が超好きすぎて、際限なくいろんな物を買い与えてしまうダメおじさん兼イケメン係長。好きな言葉は「情熱」です。


日本新聞印刷の愉快なスタッフ達

金沢社員旅行にて 2017.09.10

日刊のむら日記

「日刊のむら日記」は野村の野村による野村のための日記です。ときどき「いんさつ日記(ぴろし日記)」が、たま~に「せいさく日記」が入ってきます。日記は5段階評価ができるので、面白いなぁと思ったら星を5つください。

 

詳しく見る