Dr.ピロシが教える印刷用語集

ワシがDr.ピロシじゃ。

さあ、みんなで印刷用語のお勉強じゃ


〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔


赤字 文章などを修正したいと思った時は、修正したいと思った文字や文章に“赤いペン”で二重線を入れ、その横や上の空いているところに正しい文字や文章を書き、修正の指示をするんじゃ。赤字は赤い文字で丁寧に書くことが大事じゃぞ。
網点 オフセット印刷では、細かい“網状の点”によって印刷物の色を表現しているんじゃ。この網状の点のことを網点と呼び、写真やカットなどの色の濃淡を、網点の大きさや密度によって表現するのじゃ。さらに、印刷をカラーでする場合は、「C」「M」「Y」「K」の4色の網点を重ねることにより、様々な色を再現できるんじゃよ。
RGB RGBとは色じゃ。光の三原色のことじゃな。Rは赤 (Red)、Gは緑 (Green)、Bは青 (Blue)じゃ。主にディスプレイなどでの画像再現にもちいられておる。RGBは加法混合・加法混色と呼ばれ、混ぜ合わせれば混ぜ合わせるほど明るい色へと変化していくのじゃ。今度説明するCMYKとごっちゃにならないように注意が必要じゃ。ちなみに印刷の画像再現にはCMYKをもちいておるの

 

色校正 色校正とは、カラー印刷の本番前に写真や広告などの色の出具合を確認するための試し刷りのことじゃ。色校正には、本番と同じ印刷機と同じ紙、インクを用いる『本機校正(本紙校正)』、または本番とは違う形でカラー印刷を行う『簡易校正』の2パターンがあるぞよ。
インクジェットプリンター インクジェットプリンターとは、インクに熱や圧力を加え直接用紙に噴射して紙に定着させる印刷機のことじゃ。みなさまのご家庭にあるプリンターも恐らくインクジェットプリンターじゃあないかの。ちなみにレーザープリンターや、日本新聞印刷にあるオンデマンド印刷機はトナーという粉状のインクを熱と静電気を利用して紙に定着させる印刷方法であるぞ

 

ウエス ウエスは工業用の雑巾のことじゃな。工業用の雑巾といっても特にすごい加工がされているものではなく、ほとんどが古着などの布切れやボロ切れじゃ。主に機械油をふき取ることに用いられておるの。日本新聞印刷ではブランケットという印刷機のローラーの、インクや紙粉の掃除の際に大活躍しているんじゃ

 

オフセット印刷 オフセット印刷とは、印刷物を版から中間転写体(ゴム)に転写させ、そこから被印刷体(紙)に転写させる印刷方式のことじゃ。日本新聞印刷の新聞輪転機の場合は、輪転機内のローラーを伝ってインキと湿し水が流れ、油と水の反撥を利用して版にインキを乗せ、版からブランケット胴にまかれたブランケットというゴムに印刷体を転写させ、さらにそれを紙に転写するというシステムになっておる。版からブランケットへの転写が“オフ”、ブランケットから紙への転写が“セット”、すなわち“オフセット印刷”じゃな。
オンデマンド印刷 オンデマンド=必要に応じて。オンデマンド印刷とは、まさに必要に応じた印刷ができる革新的な印刷スタイルのことじゃ。オフセット印刷と違って、版は必要なくパソコンのデータをそのまま表現でき、インクもトナーを用いることで、レーザープリンター並みに素早い印刷が可能となっておる。さらにバリアブル印刷技術により、はがきの宛名や宝くじの連番のような、一枚一枚違う情報を印刷することもできるのじゃ。日本新聞印刷のオンデマンド印刷機は3階の制作部にあるぞい

 

活版印刷 活版印刷とは、凸版式印刷の一種で、活字を組み合わせて作った版=活字組版(活版)を使った印刷方法のことじゃ。活版印刷が始まる前の印刷では、版が木版みたいに1枚の板につくられたものであり、文字の入れ替えが困難じゃった。じゃが活版印刷は、文字の組替えが自由自在で、まさに〈生きた版〉という意味で活版と名づけられたそうじゃ。
活字 活字とは、活版印刷に用いる、一文字ずつの凸型の字型のことじゃ。昔は木に彫ってつくっておったのじゃが、現代の活字は、活字鋳造機という機械に鉛を主成分とした合金を流し込んでつくられておるのじゃ。前回説明した活版印刷は、この活字一文字一文字を組み合わせて版をつくり、それを印刷機に取り付けて印刷する印刷技術のことじゃ。新聞印刷においては大量生産に対応するため、まず活字を使って組版を行い、できあがった版を紙型という特殊な紙で型に取り、その紙型に鉛合金を流し込んで鉛版という版をつくり、その鉛版を輪転機に巻いて印刷を行っておったのじゃ。
カラー印刷 カラー印刷は「C」シアン(青)、「M」マゼンダ(赤)、「Y」イエロー(黄色)、「K」ブラック(黒⇒厳密に言えばkey plate)を加えた4色のインクを用いて表現する印刷のことじゃ。オフセットでのカラー印刷の場合は4色分の版を用いることになり、4枚の版が必要になるということじゃな。版の画線部は網点状になっており、網点の説明時にもチラッとお知らせしたのじゃが、網点の大きさを変化させることで濃淡を表現し、各色の網点を重ねる(掛け合わせる)ことで色彩を表現しているんじゃよ

 

級数 「級」とは、文字サイズの単位のことじゃ。級は日本独自のサイズで1級=0.25mmと決まっておる。さらに「歯」という単位もあり、歯は文字間や、行間を表す単位じゃ。こちらも1歯=0.25mmと決まっておる。ちなみにマイクロソフトのエクセルやワードなどの文字サイズ「ポイント」は欧米の文字サイズの単位じゃ。1ポイント=約0.35mmじゃ

 

組版 組版とは、活字を組んでから版を作るまでの作業および完成した版のことじゃ。要するに原稿の文章(文字)を紙面のカタチにする作業のことじゃな。現在ではパソコンのレイアウトソフトを用いて紙面を作っておるのじゃが、活版印刷の時代は原稿にしたがって活字棚から活字を拾い、それらを文選箱に入れ、集まった活字を文選箱からステッキと呼ばれる組版用の金具に並べて組んでおったのじゃ。さらにステッキがいっぱいになったら組みゲラと呼ばれる箱に移し、それらを同じ要領で組みつづけ、1ページにまとめていたのじゃな。これらは「文選」、そして「植字」と呼ばれる作業で、それこそ1ページを組み上げるのに大変な労力が費やされておったんじゃよ。
グラビア印刷 グラビア印刷とは、凹版印刷の一種じゃ。グラビア印刷の最大の特徴は、微細な濃淡表現による写真画像の再現性の高さじゃの。印刷方法じゃが、シリンダと呼ばれる銅メッキが施されたローラーに図柄を彫り込み、そこにインキが入り、印刷体へと転写されるシステムとなっておる。グラビア印刷は食品包装をはじめ、様々な用途で使用する基材に印刷ができるのじゃ

 

見当合わせ 見当合わせとは、印刷体を所定の位置に印刷できるように印刷機を調整したり、版の位置を動かして、調整をすることじゃ。オフセット印刷において、見当合わせは非常に重要な作業で、特にカラー印刷の場合は、正しい位置に刷り重なるように見当を合せないと、キレイな色を表現することができないぞよ。
下版 下版とは、組みあがった版を「校了」して、印刷の依頼をかけることじゃ。その語源についてじゃが、昔の印刷会社は大体が二階に活版室、一階には印刷室という構造で、版下を二階から一階へおろすという行為から下版と言うようになったんじゃな。
ゲラ ゲラとは、印刷物の試し刷り(校正するための印刷物)のことじゃ。ゲラ刷りとも言われておるの。ちなみに語源は、活版印刷時代に組版を入れていた容器(galley)からきておる。
原稿 原稿とは、印刷するもののもとになる文章のことじゃな。印刷製版に用いる写真や絵画なども原稿のひとつで、それぞれ写真原稿、挿絵原稿などというんじゃよ

 

校正 校正とは、印刷物の字句や内容や体裁、色彩の誤りを、印刷をする前に修正することじゃ。正確な紙面を印刷するためには、しっかりと、じっくりと校正を行うことが重要じゃ。ちなみに初校は1回目の校正のことで、再校とは初校に次ぐ2回目のゲラを、初校で修正を行ったゲラと突き合わせ、その修正に間違えがないかをチェックすることじゃ。二校ともいうの。その後は三校、四校と校正を進めて完璧な紙面に仕上げていくんじゃ。
孔版印刷 孔版印刷とは、孔版(版材そのものに細かいあなのあいている印刷版)を用いた印刷法のことじゃ。謄写(とうしゃ)版印刷(ガリ版ともいうの)、スクリーン印刷とよばれるものがそうじゃの。版の非画線部を樹脂などで覆い、画線部がメッシュまたは100%開口となっており、インクを擦りつけて転写するんじゃ。ガラスやプラスチック、金属、布など紙以外のものに印刷をする必要がある場合によく利用されておるのじゃ。年賀状印刷などでみなさまが昔よく使っておった『プリントゴッコ』も孔版印刷の一種じゃな。
校了 校了とは、校正の作業が全て終わり、印刷の許可が下されることじゃ。校正をしていくうえで校正紙には常に赤字が入るわけじゃが、校了の場合は校正紙上に赤字は何もなく、余白に“校了”と書くんじゃよ。ちなみに赤字があっても印刷会社の責任のもと修正をしてから印刷をしてもらう許可をする際は“責了”と書くんじゃぞ。
コート紙 コート紙とは、原紙の表面をコーティングすることで、普通紙より高品質に仕上げることができる用紙のことじゃ。上質コート紙は美術書や雑誌の表紙、ポスターなどに使用され、中質コート紙は雑誌の本文やカラーページ、チラシなどに使用されておるの。
誤植 誤植とは、印刷物の文字の誤りのことじゃ。昔は活字の不良などが主な原因じゃったが、最近はコンピューターによる文字化けなどが原因としてあげられておる。日本新聞印刷では紙面に誤植がないか制作と印刷の二段階で確認を行っておるぞ

 

作字 作字とは、印刷で必要な字がない場合にパソコンなどで新しく字を作ることじゃ。主に作るのは漢字じゃの。漢和辞典には5万以上の漢字が存在し、パソコンの中にない文字が数多く存在するんじゃよ。ちなみに昔はすでにある活字の一部分を合成したり削ったりして新しい活字を作成しておったのじゃな。
刷版 刷版とは、オフセット印刷時に使用する印刷用の版のことじゃ。通常はPS版(Presensitized Plate)というアルミ製の板のことを刷版と呼ぶの。一昔前までは製版されたフィルムをPS版に焼付けておったのじゃが、現在は直接データから版へ書き込み出力をするCTP(Computer To Plate)が主流じゃの。
更紙 更紙は新聞に最も使われている非塗工印刷用紙であり、安価で下級印刷用紙とも呼ばれておるが、印刷紙としては十分な性能を備えてるんじゃよ。新聞の他、漫画雑誌にもよく利用されておるの

 

紙粉 紙粉とは、紙面に着いてしまう粉末状のごみのことじゃ。製紙段階に用紙表面から剥離されてしまった繊維片や、印刷作業中の断裁をした際に発生する紙の切りくずなどの紙粉が、版面やブランケットなどに付着したりインキ壷に入ってしまい紙面に汚れがで出てしまうことがあるんじゃよ。
湿し水 湿し水とは、刷版の非画線部にインキの付着を防ぐため、その部分を湿らせる液体のことじゃ。オフセット印刷の刷版は絵柄を構成する画線部と白紙の部分の非画線部の二つでできており、画線部の方にはインキ(油)が着き、非画線部には湿し水の水膜が張られ、その油と水の反発を利用して印刷をしているんじゃよ。
出張校正 著者・編集者などの発注者が校正刷りのある印刷所へ出向いて校正することじゃ。メールやFAXで校正することも可能じゃが、やはり印刷所に出張校正をした方が、しっかりとゲラを確認できるので、校正でのミスが起こりにくいかもしれんの。