日刊のむら日記 第246号 オーキャン宝島 初日をキャンセルして福島へ

2018年7月28日(土)

待ちに待った夏休み。今年も7年連続でオーキャン宝島へ。2012年から2泊、3泊、4泊、3泊、1泊、4泊、3泊としてきて、今年は最長の5泊6日で予約していたんですが、台風12号の影響により、オーキャン宝島のホームページには下記のような事が書かれていました・・・

オーキャン宝島ホームページより

今週末28日に予定しておりました「スイカ割り大会」は、台風の目予報の為中止とさせて頂きます。尚、28日のキャンプ場の営業につきましては26日の午後に決定しホームページにてお知らせ致します。台風の特別措置としまして、お日にちの変更は一回まで無料で致しますのでご変更のお客様はお電話ください。

ということで、出発日の2日前に1日目をキャンセルすることにし、出発日を1日遅らせることもできましたが、方向も同じなので福島の祖母のところへ行ってみよう!と連絡をすると即OK、しかもランもOKということで、今年も長男が部活の合宿で行けませんでしたが、キャンプ道具一式、ランも一緒に7:00に家を出発です。

 

 

佐野SA

8:50には毎度の休憩場所である佐野SAに到着。台風がきているのでここまでは雨が降ったり止んだりで、場所によってはもの凄い雨のところもありましたが、この佐野SAに着くと雨も止んでいました。

 

 

ドッグラン

この佐野SAのいいところはドッグランがある事です。車での長旅なので、毎年佐野SAに着くとこのドッグランでランを走らせます。天気のせいなのか?この日は他の犬がいないのでラン専用のドッグランとなりました。他の犬がいたらランはもう出たくてしょうがなくなるんですけどね(笑)

ちなみに、このドッグランで会った方々とオーキャーン宝島で会った事は一度もありません(笑)

 

 

佐野ハイウェイレストラン

こちらも毎度の朝食バイキング。毎年ここで食べる朝食を楽しみにしてます。そんな朝食バイキングの記事は後日更新されますのでそちらも見て頂けると嬉しいです。

 

 

鏡石PA~国見IC~昼食

9:20に佐野SAを出発し、10:45に鏡石PAで2度目の休憩です。10分程の休憩を終えて後は祖母の家の近くの国見ICまでは一気に走り続け、東北道だけだと浦和ICから国見ICまでは約271キロ。久々のロングドライブとなりました。

12:00には祖母宅に到着しましたが、まだお昼を食べていないのでまずはお昼ということで、伯父、私、二男、三男の4人で私のリクエストであるお蕎麦屋さんへ向かう事にしました。奥様は祖母とふたりでお留守場です。そんなお昼の記事も後日の更新としますので、そちらも見て頂けると嬉しいです。1キロのそば食べました。

下の写真は鏡石PAでの完全に自己満足な1枚です(笑)

 

 

デリカ撮影会

昼食を終え、祖母宅に戻ってから二男、三男は近くの田んぼへ行きドジョウを捕まえに、私はデリカが似合う場所を求めて祖母宅近所をドライブです。アスファルトの上よりもこのような場所がとてもお似合いのデリカです。やっとMudのタイヤが本領発揮です。完全に自己満足です(笑)

 

 

オフロード走行

ちょっと細い道を入っていくと桃の木を発見。こんな桃の木の当たりをうろついていると農家の方々は何しにきたんだ?と不審な顔で見ていたので写真を1枚撮らせていただきすぐに撤収です。

また、ちがう細い道にも入って行ったら車が走行したあとがあるのでどんどん奥へ入ってみました。両サイドに木があるので通過後に車体を見たら傷がけっこうありましたがデリカ乗りは(?)そんな事気にしません。これぞデリカ!!

 

 

初動画

日刊のむら日記初の動画投稿です。オフロード走行の様子をご覧ください。

 

いなごの佃煮

楽しいデリカのドライブを終えて祖母宅に戻るとちょっと早い夕食となりましたが、二男、三男からのリクエストで伯父がいなごの佃煮を買ってきてくれました。私は写真を撮っただけで一切食べませんでしたが、奥様、二男、三男は『美味しい!』とたくさん食べていました。

 

 

ラン

慣れない家に行ったランでしたが、夜になると慣れたのか?祖母が座っていたイスに座ったり、二男、三男が座っていたイスで寝たりと、いい子にしていたランなのでした。

 

【みなさまの評価】
12345 (4 投票, 評価平均値: 4.00
)
Loading...
5段階の簡単評価!最近のむさんが「のむら日記の★が少ないよ・・・」って嘆いていますので、みなさまよろしくお願いいたします^^でもつまらない場合は正直に★1つで!

日刊のむら日記 第246号 オーキャン宝島 初日をキャンセルして福島へ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。