日刊のむら日記 第690号 コロナがランニングを変えた

2020年11月9日(月)

様変わり

新型コロナウイルスがランニングを様変わりさせている。全国の主なマラソン大会は中止。ただ、代わって誕生したのが、スマホを使ってリーモート参加するオンラインマラソン大会だ。コロナ前、マラソン大会は全国各地で100大会以上開催されていたようで、日本陸上競技連盟公認の大会だけでも2018年度で80大会、完走者は37万7千にんと10年前の2.5倍に増えたそうです。

豪華参加賞

オンラインマラソン大会はスマホのアプリやランニングウォッチを使って、走った距離やタイムを計り、データを大会主催者に送ると完走が認められ、順位が決まります。走る時間もコースも自由に選べ、開催場所への移動もない。期間は1~2週間、1日で走りきらないといけない大会ありますが、自宅周辺をいつも走っているならこのようなオンラインマラソン大会には参加したいと思います。もちろん参加費はかかりますが、参加賞、完走後の抽選会などもあるので、どうせ走るなら参加賞目当てで大会を選んでもいいのかなぁ~と。

沿道の応援

今後もこのようなオンラインマラソン大会が増えていきそうです。ただ、大会に参加しているとうい気持ちはあるものの、ひとりで走っているので沿道の応援が恋しくなります(笑)いつもの走っているコースが大会のコースになりますが、やはり大会開催地でみんなで一緒にスタートして、大人数の大会が再び開催されることを心待ちにしております。

【みなさまの評価】
12345 (7 投票, 評価平均値: 4.14
)
読み込み中...
5段階の簡単評価!最近のむさんが「のむら日記の★が少ないよ・・・」って嘆いていますので、みなさまよろしくお願いいたします^^でもつまらない場合は正直に★1つで!