日刊のむら日記 第674号 ラーメン豚山 鶴見店

2020年9月12日(土)

来ちゃった

少々呑んだ帰り。家の最寄り駅である鶴見駅に到着し、なんで呑んだ後ってラーメン食べたくなるのでしょうか?確か今年の4月くらいにオープンしたコチラのラーメン 豚山 鶴見店に初めての訪問をすることにしました。入店すると左に券売機があり、多くは食べれないし、どれにしよう?と迷いつつも着席して食券を店員さんに渡します。

 

 

ニンニク入れますか?

食券を渡してからはテーブルに貼られたご注文方法を読みながらラーメンを待ちます。ニンニク、野菜、背アブラ、味の濃さを選べるんですね。今この写真を見ながら分かりましたが、要は二郎系って事なんですかね?二郎にはあまり行かないので慣れてなくて、ラーメン到着前に『ニンニク入れますか?』と言われましたが、『いいです。』と背アブラ、野菜、味の濃さも変更せず。

 

 

ミニラーメン 730円

少なッ!

スープは?

下にある面を上に出したらラーメンっぽくなりましたが、最初見た時はえ?と思いましたよ。ニンニクは入れなくてもいいですが、次回は普通のラーメンに野菜だけ多めに入れてもらってもいいのかな!と。それにしてもチャーシューが柔らかくてとても美味しかったですね。麺もスープもとても美味しくて、満足のいく締めのラーメンとなりました。それにしても注文方法をあらかじめ決めておかないといけないってことですかね。勉強になります(笑)

 

 

ごちそうさまでした!

 

【みなさまの評価】
12345 (3 投票, 評価平均値: 3.67
)
読み込み中...
5段階の簡単評価!最近のむさんが「のむら日記の★が少ないよ・・・」って嘆いていますので、みなさまよろしくお願いいたします^^でもつまらない場合は正直に★1つで!